« 英語はタイムマシン | Main | もうひとつのマジメなブログ »

March 31, 2005

平凡な僕という人間 

greatanswerstotoughinterview
What is your greatest strength?

This is a chance to make some serious points about your application ; you want to make points in two distinct categories.

First, you should talk about your job-specific skills. For example, a lawyer might talk about his or her research skills, if possible giving an answer that shows that skill being put to good use in the job.

Second, you will want to talk about some aspect of your behavioural profile. For example, that same lawyer might talk about the roles that planning, organization and time management play when carrying a heavy caselord.

The best answer is a balance between the job-specific skills and the behavioural profile of any serious professional.

(Great answers to toufh interview questions/Martin john yate著 より抜粋 )

僕はいつも痛感させられる。
自分は凡人だと。
あまり気分のいい現実ではない。

自分にもホリエモンのような行動力があったら。
自分にもマイケルジョーダンのような運動神経があったら。
自分にもキムタクみたいな容姿とユーモアがあったら。

でも僕はそうじゃない。
そう、僕は凡人である。
英語ペラペラじゃない、高学歴じゃない、背も低めだ。顔もイマイチだ。

その現実を受入れるのに、結構時間がかかった気がする。
でもね、自分が凡人だと、何の才能も無いのだと気付いたとき、得たものがあったのですよ。

それは

凡人であることを受入れたとき、凡人であることが強みになる
何の才能も、得意分野も、とりえもない男ですが、
それが価値になることがある。
ってことです。

僕は、凡人でいい。
凡人の僕を、けれど100パーセント生きる!


« 英語はタイムマシン | Main | もうひとつのマジメなブログ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/32173/3511436

Listed below are links to weblogs that reference 平凡な僕という人間 :

« 英語はタイムマシン | Main | もうひとつのマジメなブログ »